脱毛コラム

脱毛と日焼けの相性が悪い理由は?


脱毛を受けた場合、日焼けは絶対に禁止事項になります。


日焼けをしてはいけない期間とは、脱毛の施術前もそうですし、施術のあとももちろん日焼けはしてはいけません。日焼けしてはいけない理由はいくつかありますが、肌は日焼けしてしまうと、紫外線の影響で肌が乾燥します。


肌が乾燥すると刺激を感じやすくなるのです。脱毛するときの痛みはおもにレーザーの熱からくるものなので、日焼けをしていると施術の際の痛みを余計に感じることになります。


またレーザーは黒い部分(メラニン)に反応するものなので、それによって肌の痛みが増す場合もあります。照射ターゲットが毛に集中できない可能性も高いのです。また日焼けをしているとレーザーの効果が薄れる可能性もあります。日焼けによって肌が乾燥していると、毛穴の奥までレーザーの威力が発揮できない場合があるからです。


そもそも日焼けをした状態というのは、肌は軽いやけどをおっている状態とも言え、普通の肌よりもダメージを受けていて敏感になっています。そこへ刺激の強いレーザーをあててしまうと、本当のやけど状態や怪我をしてしまう危険性があります。日焼けをすることによって、シミやそばかすや色素沈着などもできやすく起こりやすくなっています。


ですから効果を十分に発揮するためには、施術前と施術後ともに日焼けをしないように努力をしなければいけません。脱毛したあとは一生日焼けしてはいけないのかというと、決してそういうことではありません。


施術後、少なくとも2週間は紫外線にとくに注意して生活しましょう。そしてその後一ヶ月くらいは日焼けしないように日焼け対策を続けて下さい。


日焼けをしないためには低刺激の日焼け止めクリームを塗る(日焼け止めで肌にダメージを与えてしまっては元も子もありません)、半そで半ズボンなどを着用しないで長そで長ズボンなどを着用して日に当たらないようにする、日傘をさすなど色々な方法をとってください。



沖縄のオススメ脱毛サロン

 

脱毛コラム

 

沖縄コラム